***************************************************

      
使 用 絵 の 具 ― アクリル絵の具不透明(仏名 ガッシュ)

         ● アクリル絵の具には、透明絵具と不透明絵具の2種類あります。両方とも水で溶きますが、乾くと不溶性となります。

              不透明絵の具はツヤ消しの画面になりますが、透明絵の具の方は少しツヤが出ますので使いません。

         
● 絵の具の種類について ー 油絵の具、アクリル絵の具、水彩絵の具、日本画の絵の具、ラッカー、ペンキと色々

              ありますが、原料(色のついた粉で
顔料と言います)は皆同じで、この顔料を植物油で練り合わせた物が油絵の具 /

              
アクリル樹脂液で練った物がアクリル絵の具 / アラビアゴムで練った物が水彩絵の具 / 膠 ( にかわ)をお湯で

               溶いてそこに直接顔料を混ぜて描くのが日本画
/ その他の化学溶剤に混ぜて作るのがラッカー、ペンキです。

               顔料の
接着剤として使う溶剤が違うだけで、基となる色は皆同じなので自分の好みの絵の具を使えば良いと考えて

               おります。以前は、油絵具が最高でその他の絵の具はそれに準ずると云う考えが有りましたが、今ではではそれは

               偏見で、現在では
絵が良ければ絵の具は何でも良いという風に変ってきております。


    *************************************************** 
 

       
  ご質問等御座いましたらメールでお気軽にお問い合わせ下さい ⇒ tan@ysmoto.sakura.ne.jp